? 自動車保険 通販型のメリット

自動車保険 通販型はリーズナブルな保険料が特色

軽自動車任意保険 通販型

自動車保険の保険料を比較すると
通販型各社の安さが目立ちます。


沽券量金額の違いが大きいので仕組みがわからないと
「こんなに安くて大丈夫なの?」と心配になる人もいるかも知れません。


通販型の任意保険が安くなる理由はとても明確です。

代理店経費・支店経費等の中間コストを省略し直接取引を行っているからです。


中でも代理店の手数料保険料の2割に相当しますからこの差は決定的です。


代理店業界の約9割が副業代理店と言われていますので、
通販型はその代理店のコストを省いて「適正価格」を示しているとも言えるでしょう。


通販型も代理店型も金融庁が認可・監視する同格の保険事業であり、
販売形態以外に基本的な違いがあるわけではありません。

数年前に保険金出し渋り問題で代理店系大手各社が金融庁から是正を受けましたし、最近やはり保険金出し渋り問題で代理店型大手が問題になりました。
このように通販でも代理店販売でも問題があれば金融庁が放って置かないということです。


自動車保険 通販型には安くなる理由がある

一括見積もりをすると、保険料の安い自動車保険の上位にダイレクト系(通販)の会社が名を連ねます。

「安いのは嬉しいけどこんなに安くて大丈夫なの?」

こう思うのはもっともな疑問だと思います。

ダイレクト系(通販)の保険料が安いのには明確な理由があります。

最も大きい理由は代理店の手数料、支店の維持費など中間コストを省略して「直接取引」を行っていることです。

代理店手数料は保険料の20%ですから、この差は決定的です。

代理店業界の90%が副業代理店という日本の市場に、代理店を通さないダイレクト販売で「適正価格」を提示しているのがダイレクト系の自動車保険でしょう。

補償、事故対応、サービスなど保険の基本事項については、ダイレクト系も代理店系も金融庁認可の保険事業であるという点で何の違いもありません。


軽自動車任意保険 通販型は代理店の質に左右されない安心がメリット

■代理店型も「事故対応」は保険会社が直接行なう

「事故の時は代理店の方が安心」という言い方には、代理店が事故対応を行うようなイメージがあります。

現実には、事故時の代理店の仲介やあっせん行為は法令違反なので行われることはありません。


代理店型のメリットはあくまでも保険のプロによる「アドバイス」です。

問題は自動車保険代理店の90%が副業の片手間代理店だということです。

ネット等で「代理店探しが重要」と言われるのはこういう背景があるからです。


■中間コスト削減をサービス充実に振り向ける通販型

通販型は代理店等の中間コストを省くことで保険料の安さとサービスの充実を実現しています。

「24時間365日対応の代理店」というのは聞いたことがありませんが、

通販各社は24時間365日の事故受付が当たり前です。

また、事故直後の初期対応※も通販全社が365日の対応になっています。

(※初期対応…事故直後の状況聞き取り・アドバイス、病院・警察等連絡・修理工場手配など)

「代理店探し」の心配が無く均一なサービスを期待できるのが通販のメリットです。

このメリットは例年の満足度調査の結果で裏付けられています。


軽自動車任意保険 通販型|万人向けのおススメはない

車の任意保険は、24社の損保会社が様々な特色で競争しています。
誰にでもあてはまる任意保険のおすすめを探すのは不可能だといっていいでしょう。


任意保険料の割引などでは
ゴールド免許、走行距離、等級、安全装置、家族限定、低公害、長期優良割引、ネット申し込み、セカンドカー、イモビライザー、安全ボディーなど
多くの項目を各社がそれぞれの組み合わせで特色を出し、保険料に反映させています。

リスク細分もそれぞれの特色があり、ゴールド免許の割引を行なう会社もあればあえて免許の色で保険料が変わらない会社もあります。


また、「保険料は走るだけ」という会社に対し、「いくら走っても保険料は同じ」とアピールする保険会社もあります。


損保各社は互いの顧客ターゲットが重複しないようそれぞれに保険料を設定して競争している戸言うことです。

選択肢が広がるのでそれ自体は大変にいいことなのですが、その分自分に合った任意保険を探すのが難しくなっています。


一括見積もりの利用者が増えているのにはこのような背景があります。

任意保険料の違いだけでなく、事故対応・故障対応や無料ロードサービスの違いなども、取り寄せられた一覧付きの見積もりで、じっくりとマイペースで比較することができます。


◎基本のしくみが違う通販型と代理店型

一括見積もりを行ってみると保険料の安い任意保険は通販型に多いことが分かります。
軽自動車でも保険会社によって任意保険料の違いが大きいことに驚くかも知れません。

通販型の保険料が安いのには明確な理由があります。
通販型は、代理店の手数料、支店経費などの中間的なコストを省略しているからです。
代理店手数料は保険料の20%ですのでこの差は決定的です。

代理店業界の90%が副業代理店という市場に、直接販売で「適正価格」を提示しているのが通販型です。
補償、事故対応など基本事項については、通販型も代理店型も金融庁認可の保険事業である点で何の違いもありません。

かつて、保険金の出し渋り問題で代理店系大手各社が金融庁から是正を受けたましたが、問題があれば金融庁が放って置かないということです。

合理的でエコノミーな通販型は、エコな軽自動車にピッタリの任意保険なのかもしれません。


このページの先頭へ